乳幼児の歯磨きの仕方

乳幼児のまだ歯が少ない時期は,
お口用のガーゼで歯の汚れを取ってあげていましたが、

ある程度生え揃ってきたら,
歯ブラシを使って仕上げ磨きをしてあげていました。



そこで抵抗する赤ちゃんも多いと思いますが、
この時期が大切なのだそうです。



うちでも始めは抵抗しましたが、
始めの内は歯ブラシを口に入れて
ほんの数回磨いて終わり。あとはガーゼで。



これを数日繰り返すうちに抵抗がなくなってきたので、
磨く回数を徐々に増やしていきました。



子供が小さな時は、
特に歯磨き粉は使用せずに磨いていましたが、

子供が大きくなって
自分で口がすすげるようになった頃には

歯磨き粉をフッ素入り歯磨き粉を
購入して使用しました。



3歳までに虫歯菌がいないと
虫歯にならないと聞いたことがありますが、

うちの子は大きくなった
今でも虫歯になったことはありません。


スポンサード リンク

歯磨きをしなければ当然ばい菌が繁殖して虫歯になりますし、
虫歯が原因で他の病気や障害になる事もあるのです。