歯磨きガムの効果

ガムは虫歯になると昔から聞かされていましたが、
現在のガムは昔ほどではなく、

ちょっと違った「歯磨きガム」と
呼ばれる商品も目にします。



忙しい時に歯磨きの代用として
売られているガムですが、

発売当時は歯磨き粉の味がして
おいしくなかった記憶があります。



しかし最近はミント系などの
普通のガムと味は変わらず、

キシリトールが配合されているのが
当たり前になっています。



気になる歯磨きガムの効果はというと、
ガムを噛むこと自体が体には
良い影響があるのだと最近の情報を耳にしました。



ガムを噛む事で、歯の表面や歯と歯の間の
食べカスや歯垢を落とし、

ガムを噛む事で唾液が分泌されて、
口臭予防や虫歯になりにくい効果がある事、

さらにはキシリトールが配合されていると、
虫歯の原因となる酸を抑制するそうです。



また歯磨きガムは、
通常売られているガムよりも若干硬く、

柔らかいものしかか見慣れていない
現代人にとっては良いようです。



ガムで言えば、他にもカテキンや
ラクトフェリンを含む殺菌効果のあるガムもあり、

歯をキレイにして、ばい菌を抑制する
効果が期待出来るそうです。



しかしあくまでも歯磨きの補助的役割なので、
歯磨きほどは歯垢を落としたりは出来ないそうで、
普段はきちんと歯を磨いた方が良いという事です。



アゴを鍛える事で、老化防止にもなりますので、
たまには歯磨きガムを噛んでみましょう。


スポンサード リンク

歯磨きをしなければ当然ばい菌が繁殖して虫歯になりますし、
虫歯が原因で他の病気や障害になる事もあるのです。